お役立ち集

EA剥がれ / パラメータ剥がれの復旧方法

EA剥がれ / パラメータ剥がれの復旧方法のアイキャッチ画像 お役立ち集
この記事は約5分で読めます。
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは。Canaryです。

今回は、EA剥がれ / パラメータ剥がれ の対策です。

Canary
Canary

MT4を使っていたら

どなたも一度はご経験があるかと…

一部手動のところもありますが、チャートひとつひとつを目視確認するのに比べて大きく時間短縮できる はずです!! 主に剥がれが多く発生するLinux VPSのユーザー向けに書きましたが、Windowsでも使える対策になっています。

あわせて読みたい①
あわせて読みたい②
スポンサーリンク

【EA剥がれ / パラメータ剥がれとは?】

MT4の手動停止、メンテナンスに伴うVPS再起動等に伴ってMT4が再起動されると、

  • 元々稼働していたEAが動いていない (=チャート右上の☺が表示されていない)
  • EAのパラメータの一部が空やゼロになっている

等の状態になっていることがあり、1つ目は EA剥がれ、2つ目は パラメータ剥がれ と呼ばれています。

これらの「剥がれ」はWindows上でも発生するものですが、Linux VPS上だとその発生率が高い傾向にあります。また、MT4が自動バージョンアップになった後は、特に多くの剥がれが発生します。


【パラメータ剥がれの例】
→ COMMENTが空になっているので、このEAのオーダーにコメントが表示されない症状が発生します。

EA剥がれの方は単に「EAが動いてなくて取引が行われない」「チャート右上に☺が表示されていない」と現象的には分かりやすいものですが、パラメータ剥がれは、ぱっと見は気づかず、そのパラメータの使われ方によって様々な症状となって出てくる のが難点です。

[ パラメータ剥がれに連動して発生する症状の例 ]
  • 認証キーが空になり、EAが起動されていなかった。
  • 指定したはずの設定でEAが動いていなかった。
  • オーダーコメントが空になっていた。
スポンサーリンク

【EA剥がれ / パラメータ剥がれの復旧方法】

EA剥がれ / パラメータ剥がれは、以下の手順1+手順2で復旧が可能です。



[PR] Xserver VPS

★★★★★

高性能&高コスパVPS。 安定性の高いLinux OSを採用し、3コア・2GBで実質580円/月~ (※期間限定キャンペーン価格) と、超低価格&超高性能でCanaryがメインで使う超オススメのサービスです。👉 検証結果

★Linux VPSならWindowsに比べて 半額以上オトク!!
★ご新規なら、こちらからのお申し込みで【1,000~32,000円割引!!

[PR] ConoHa VPS

★★★★

最安でなんと296円/月 (※期間限定キャンペーン価格) と、低価格な上にハイスペックなVPS。安定性の高いLinux OSを採用し、サービス品質保証制度 (SLA)も。 性能はXserver VPSに遜色なく、高性能&高コスパ&高安定性の三拍子揃ったサービスです。既存ユーザーにも割引適用なのは大きいメリット!! 👉 検証結果

★Linux VPSならWindowsに比べて 半額以上オトク!!



手順1:組表示の切替によるEA復元

最初に、組表示の切替によるEAの復元を行います。

[手順1のおおまかな流れ]
  • 組表示のコピー作成

  • MT4を再起動

  • 組表示を元に戻す
組表示とは?

「組表示」とは、とある時点のチャートの組み合わせを保存し、後から復元できるようにする機能 です。

Canary
Canary

チャートだけでなく、
EAやそのパラメータも復元してくれる

のがポイント!!

組表示の利用方法

組表示は「ファイル → チャートの組表示」から利用可能です。

チャートの組表示への導線
【組表示への導線】


組表示はその時点の最新状態を自動的に保存するため、EA剥がれ / パラメータ剥がれが発生すると剥がれもそのまま自動保存されてしまいます。 これを 2つの組表示を切替えることで復元させるのが本手順の一番の要点 です。


組表示に関連する操作は、可能な限り週末 (=閉場中) に実施ください組表示の切替でEAが再起動するため、稼働中に実行すると多くのEAで「エントリーしたポジションを見失う」の症状が発生します。


具体的な手順はここから
  1. 【初回のみ】「プロファイルが変更されたら自動売買をストップする」のチェックを外します。
    ※外さないと組表示切替で自動売買ボタンがOFFになります。
「プロファイルが変更されたら自動売買をストップする」の場所
【「プロファイルが変更されたら自動売買をストップする」の場所】


  1. 「ファイル → チャートの組表示」で「Default」にチェックが入っていること確認します。
「Default」になっていない場合

Defaultにチェックが入っていない場合は、「ファイル → チャートの組表示 → 名前を付けて保存」から「Default」と入力して上書き保存してください。※「’Default’は既に存在します。上書きしますか?」と聞かれるので「はい」を選択してください。

「Defaultを選ぶ」のではなく、必ず上書き保存 してください。Defaultを選んでしまうと、EAの停止が発生し、そのEAが停止された状態が再保存されてしまうことがあります。

チャートの組表示
【組表示の初期状態】
※「Default」がチェックされています。
  1. 組表示のコピーを作成します。
  2. 「ファイル → チャートの組表示 → 名前をつけて保存」で適当な名前 (例:Copy) を付けて組表示のコピーを保存します。※この時点で「Copy」が現在の組表示として選択されます。
  1. ☒ボタンでMT4を終了させます。 また、メンテナンス等でVPSが再起動される予定であれば、その再起動を待ちます。
  2. MT4を手動で再起動します。※ここでEA剥がれ / パラメータ剥がれが発生します。
  3. 組表示を Copy → Default に戻します。

「ファイル → チャートの組表示」から「Default」を再選択してください。



以上で、手順1:組表示の切替による復元 は完了です。

Canary
Canary

ここまででほとんどのEAが

復元できたはず!!

ですが!!

一部EAが復元していないケースがあるので、必ず手順②も実行ください。

手順2:復元出来なかったEAの検出と起動

EA-BANKの一部のEAで発見したのですが、手順1における組表示切替後の復元 (起動) に失敗するEAがありました。

特定のEAだけ発生する訳ではなく、ランダム発生しますのでEA自身の問題ではないと思われます。

復元に失敗したEAの見つけ方

EAが起動に失敗するとエキスパートタブに、 Expert <EA名> <通貨ペア> <時間足>: removed のログが表示されますので、この検出は 各MT4のエキスパートタブを目視確認 することで可能です。

【組表示切替で起動に失敗した (エキスパートログ)】
復元に失敗したEAの起動

復元に失敗したEAを検出しましたら、普段通り手動でEAを起動してください。

Canary
Canary

自動じゃないのはイマイチですが、

さほど数は多くないはずなので

そこまで面倒ではないですよ!!

スポンサーリンク

【まとめ】

EA剥がれ / パラメータ剥がれの復旧方法 をご紹介しました。 主に剥がれが多く発生するLinux VPSユーザー向けに書きましたが、Windowsでも使えるテクニックです。

Canaryも長いこと手を焼いてきましたが、この方法で本当に楽になりました🤗

特に効果的な利用方法

MT4を再起動すると自動バージョンアップが適用されることが事前に分かっている時 は、上記の手順1を事前にやっておけば、剥がれが抑えられるので大変効果的です。※MT4が自動バージョンアップすると、より多くの剥がれが発生する傾向があります。

Canary
Canary

これでLinux VPSの最大のデメリットが

解消されました!!

スポンサーリンク
\長期実績ありの低価格国内VPS!! Ubuntuも選べます!!/
Canary FX

コメント