【すくリピ】21週目報告 2021年2月1日~5日 (前週比-122,066円)

Weekly Report of Standoff-Grid-Trade すくリピ
この記事は約4分で読めます。

月次運用成績です。全てリアル口座のリアルフォワード!


私Canaryは、FX投資において

すくリピ
(=通貨をすくみ状態にしたトラリピ型注文)

を運用しております。


  • すくリピ概要と運用設定についてはこちら


スポンサーリンク

【今週の運用成績】

運用損益サマリー

今週のすくリピ運用による実損益 (=実現損益+含み損益) は、前週比で -122,066円 でした!
(累計:+43,662円)

種別実現損益
(A)
含み損益
(B)
実損益
(A+B)
獲得
pips
決済
回数
累計+681,420円-637,758円+43,662円140,330.23,147回
前週比-11,782円-110,284円-122,066円+4,542.9+81回

今週は大幅に減益です。

Canary
Canary

言葉もない…(泣)

ただし、何とかトータルでのプラスはキープしました。

下の表はグループ別のサマリーです。

グループ別サマリー ※カッコ内は前週比

今週は全グループがマイナス結果、決済回数も軒並み少なめでした。

実現損益(A)もマイナスなのは、予告通り「クソポジ」を適宜損切りしたためです。
※クソポジ=当面決済見込みのない塩漬けポジション。特にマイナススワップのもの。

グループ⑤はお試し的に GdTraderの早期利確モードをON にしていましたが、お試しは終了して今週途中からOFFにしました。


グループ別詳細

Canaryは「すくリピ」で以下の計4グループを運用しております。
※早いものは2020/9/17から稼働しています。また、②は撤退につき欠番です。

  • 9すくみ(①) :国内口座を使ったメインポートフォリオ
  • 3すくみ×3(③~⑤) :海外ハイレバ口座を使ったチャレンジたち

メイン的グループ①:9すくみ

今週のグループ①の実損益は、前週比で -62,696円 でした。
(累計:+75,503円)

グループ①詳細 ※カッコ内は前週比、ロット数0.1=1万通貨 ※画像は左右スクロール可

今週のリピート決済益トップ3!  

1位:EURUSD-S +5,190円 / +493.6pips
2位:EURAUD-S +3,675円 / +458.2pips
3位:USDJPY-L +3,545円 / +354.5pips


上述したように、今週は決済が全般少なめでした。CADJPY-Sに至っては決済回数ゼロです。

また、今週もEURNZDロングの含み損が更に増えました。

  • EURNZDは未決済ロット数の偏りも大きくなったため、一部ポジションを損切りしています。
Canary
Canary

金曜は少し戻したので、来週こそ巻き返しに期待!

実損益ベースでは、EURUSDショートが「+25,439円」と、損失軽減に最も貢献しました。


チャレンジ的グループ③~⑤:3すくみ×3

今週のグループ③~⑤の実損益トータルは、前週比で -59,370円 でした。
(累計:+10,426円)

グループ③詳細 ※カッコ内は前週比、ロット数0.1=1万通貨 ※画像は左右スクロール可

グループ④詳細 ※カッコ内は前週比、ロット数0.1=1万通貨 ※画像は左右スクロール可

グループ⑤詳細 ※カッコ内は前週比、ロット数0.1=1万通貨 ※画像は左右スクロール可

今週のリピート決済益トップ3!

1位:GBPCHF-L +8,606円 / +736.0pips
2位:EURGBP-S +6,818円 / +473.7pips
3位:GBPCAD-S +4,118円 / +389.3pips


グループ③~⑤も今週は決済少なめ。

グループ④・⑤は、今週急騰のあったポンドを含むグループですので、その影響が悪い方に出ました。

実損益ベースでは、GBPCHFロングとEURGBPショートが共に+8,000円強 とポンド買いとなるペアは当然プラスでしたが、ポンド売りとなるペアの含み損が大きく増えました

また、「クソポジ整理」はGBPCADショートとGBPCHFショートについて少し実行しました。

スポンサーリンク

【おわりに】

今週は (一部ペアの一方向的な動きで) 含み損が増えたことにより、マイナス結果でした。

ですが、含み損拡大のターンは必ず来るものですし、次週以降の巻き返しに期待しています!
#半分強がり…💧

また、今週は予告通り「クソポジ整理」を多少行いました。

しかし、まだまだ残っていますし、手作業というのが良くありません。
切るのが遅れて損失が拡大したとも思っています。

  • 対応策として、EA (GdTrader) 側に適宜クソポジを整理する機能拡張を検討しています。
  • 現時点では「最大保持可能なポジション数」の設定項目を作るのが良いかと考えています。これにより、「iサイクル2取引」の相場追従的な動きも結果的に可能になると考えています。
iサイクル2取引™解説図
「iサイクル2取引」の相場追従イメージ ※出典:外為オンライン
Canary
Canary

そうするとレンジ設定すら要らなくなるような。でも大改造になるな…💧

(レンジ設定すらなくす) 大改造はまだ先として、すぐにやれそうな「最大保持可能なポジション数」の追加だけは近いうちに対応しようと考えております。

それではまた~。

最新状況&エビデンス!

コメント

タイトルとURLをコピーしました