GdTrader

【GdTrader】実行手順 ~拡張機能編~

アイキャッチ画像 GdTrader
この記事は約7分で読めます。
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

このページでは、高機能トラリピ型EA GdTrader拡張機能とその設定方法をご紹介します!

スポンサーリンク

【GdTrader拡張機能と設定方法】

GdTraderの拡張機能をここからご紹介していきます!


チャリンチャリン感UP!《早期利確モード》

「トレンド逆行時は利確幅を20%に縮小し、こまめに利確していくモード」です。

本機能は現在デフォルトでONに設定されています。


  • 「早期利確モード」の効果検証記事はこちら


■ 想定用途

本機能は、以下のような方にオススメです。

  • こまめに利確をしたい
  • 逆行時の小反発も細かく捉えたい
  • ドローダウンを少しでも低めに抑えたい


■ 設定方法

GdTrader実行時のパラメータ《早期利確モード》に true を設定します。

現在、本モードはデフォルトで true (=ON) の状態ですので、OFFにしたい場合は false に設定ください。

利幅を伸ばす!《先建てモード》

先建てモードは「相場が順行したら後々建てることになるはずのポジション」を、EA開始時に先に建ててしまう ことにより、利益幅を大きく取るモード です。


【「先建て」と「勝ち逃げ」のイメージ】
■ 想定用途

「この先のトレンドが読めているので (前もって買うことで高値づかみを避けて) 大きく値幅を取りたい」といった用途に使えるモードです。

Canary
Canary

結果的に、分割利確&再エントリーを

自動で行う感じになります🙌

EA開始と同時に成行でポジションを建てていきますので、スプレッドが拡大している時間帯での実行はお避けください

また、想定と動きが異なった場合、含み損をより多く抱えてしまうリスクがあります

■ 設定方法

GdTrader実行時のパラメータ《EA開始直後に建てるポジションの数》にご希望のポジション数を設定します。

補足
  • 設定する数値はポジション数です。ロット数ではありません。
  • 取引レンジが狭い場合は、設定した数が約定されないことがあります。
  • デフォルト値は 0 で無効になっています。最大値は 50(個) です。
  • トラップ数 を超えた値を設定することはできません。

勝ちを確定して終了!《勝ち逃げモード》

「先建てしたポジションが全部決済されたら、勝ちを確定してEAを停止してしまうモード」 です。


【「先建て」と「勝ち逃げ」のイメージ】
■ 想定用途

トレンドの終端価格が読めている場合等に、

取引レンジ終端まで順行

指定した価格に到達

勝ちで確定し終了!!

のような使い方を想定しています。

■ 設定方法

GdTrader実行時のパラメータ 《勝ち逃げ終了価格》にご希望の価格を設定します。

スマホからも操作可能《ポジション即時積み増し機能》

1個以上のポジションを「成行注文で即時に」積み増しする機能です。
※本機能はv4.0から追加になりました。

■ 想定用途

特にリピート系に慣れている方は、サポレジ/押し目/キリ番等々に達した際に反発を見込んで

ここでもっとポジションを積み増しておきたい!!

と思われた経験がお有りかと思います。

Canary
Canary

Canaryは (EAとは別に)

手動でポジションを建てたりしていましたが、

これでもうそんな必要はなくなります!


そんな時に役立つのが、この《ポジション積み増し機能》です。

【「ポジション積み増し機能」の使い所のイメージ】

本機能は「実行した瞬間に成行注文でポジションを積み増し」することで、上述の 先建てモード と同様に、利益を大きく取ることを目的としています。

■ 実行方法

監視用オーダー をダブルクリックして「オーダーの発注画面」を開きます。
※スマホアプリの場合は監視用オーダーを長押し→「注文変更」を選んでください。

その上で、決済逆指値(S/L)の値を《すぐ上に表示されている価格 × 積み増したいポジションの数》に設定して確定 します。 たったこれだけ!

【「ポジション積み増し機能」の実行方法】


Canary
Canary

監視用オーダー の内容を変えるだけなので、

スマホからでも実行できちゃいますよ!!


[ ポジション即時積み増し機能についての補足/注意事項 ]

■ 相場が想定と逆に動いた場合、含み損をより多く抱えてしまうリスクがあります


■ 実行と同時に成行でポジションを建てますので、スプレッドが拡大している時間帯での実行はお避けください。


■「相場が順行した場合に、最も早く建つはずのポジション」から順に埋めていきます。

  • ロング設定であれば、待ち受け価格が現在値より高いポジションを (現在値で前もって) 約定する形になります。
  • ショート設定であれば、待ち受け価格が現在値より低いポジションを (現在値で前もって) 約定する形になります。
  • ポジションが既に全て埋まっている (約定済みの) 場合は、何も行いません。


■ 一度に積み増し出来るポジション数は1~10個です。

  • 例)「すぐ上に表示されている価格」が 0.010 ならば、「決済逆指値(S/L)」は《0.010 ~ 0.1000》の間で設定してください。


■ MT4のメール設定がされていれば、約定が行われると 約定通知メール が送信されます。

引きつけてからリピート開始!《EA開始トリガー価格》

「EA開始トリガー価格」を設定することにより、とある価格に達するまでは待機 → 到達したらEAを開始することができます。


■ 設定方法

GdTrader実行時のパラメータ 《EA開始トリガー価格》 にご希望の価格を設定します。

上述の《勝ち逃げ終了価格》を同時に設定することで、EA開始・終了の価格双方を設定することが可能です。

一定数のポジションを維持《最大/最小維持ポジション数》

「指定範囲のポジション数をずっと維持させたい」場合に使う機能です。

■ 想定用途

《最大/最小維持ポジション数》を設定することにより、「iサイクル2取引」のような相場追従的な動きが可能になります。

  • 《最大維持ポジション数》を超えて新規約定が発生した場合、現在値から最も遠いポジションを成行で損切りし、ポジション数を元に戻します。
  • 決済注文が行われたことによりポジション数が《最小維持ポジション数》を下回った場合、成行で新しいポジションを建ててポジション数を回復します。
iサイクル2取引™解説図
【「iサイクル2取引」の相場追従イメージ】 ※出典:外為オンライン



さらに《最小維持ポジション数》については、すくリピ や両建てにおける、

すくみ/ヘッジを効かせるため、ポジション数を一定以上に保つようにしたい!

と言う用途を想定しています。

Canary
Canary

Canaryは両方の機能を

実際に設定して実運用しています!


■ 設定方法

GdTrader実行時のパラメータ 《最大維持ポジション数》に「常時維持するポジション数の最大値」、《最小維持ポジション数》に「常時維持するポジション数の最小値」を設定します。

補足
  • 《最大/最小維持ポジション数》双方 について:
    • 設定する数値はポジション数 です。ロット数ではありません。
    • デフォルト値は「0」で無効になっています。
    • ストップロス幅 と同時に設定することはできません。
  • 《最大維持ポジション数》について:
  • 《最小維持ポジション数》について:
    • 最大値は 50(ポジション) です。
    • 取引レンジが狭い場合、ポジション数が《最小維持ポジション数》に達しない場合があります。取引レンジは十分に広く設定ください。
    • EA開始直後に建てるポジションの数 (先建てモード) との同時設定も可能ですが、超える値を設定することはできません。

EAが止まっていないか確認《EA監視機能》

「GdTrader EAが正常に稼働しているかを確認できる死活監視機能」 です。

本機能はデフォルトONになっており、解除することはできません。


  • 本機能の内容についてはこちらを御覧ください。
スポンサーリンク

【まとめ】

GdTraderの拡張機能とその実行手順 をご紹介しました!

ご質問や不具合報告は、お手数ですが一番下のコメント欄にお願いします。

スポンサーリンク
\最大手GMOの安心VPS!! Ubuntuも選べます!!/
Canary FX

コメント