GdTrader

【GdTrader】実行手順 ~仮想通貨・CFD編~

EA実行手順~仮想通貨・CFD編~ GdTrader
この記事は約5分で読めます。
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

本記事では、高機能トラリピ型EA GdTrader を 仮想通貨 (暗号通貨)・CFD銘柄に適用する手順 をご紹介します! →ビットコイン、日経平均株価指数、GOLDなど

Canary
Canary

仮想通貨はExness等の

土日も取引できるブローカーがいいよ~


CanaryもナスダックCFDでのトラリピ運用を実際に行っております。(詳細は後述)

スポンサーリンク

【GdTrader v2.0以降への設定例】

GdTraderを 仮想通貨|株価指数CFD|商品CFD銘柄 に対して実行する際の設定例です。


注意事項

仮想通貨・CFD銘柄は、同一商品でもブローカーによって取引仕様が異なるケース が多く見受けられます。

そのような場合は、本ブログでの設定例はそのまま適用できません。


いきなり実口座で動かさず、
デモ口座で所望の挙動をするか必ず事前確認してください


例)

  • 日経平均CFDの価格の小数点以下の桁数は、TitanFXでは”1″、Axioryでは”0″、楽天証券では”2″とブローカーによって全て異なります。
  • トラップ幅を100円に設定する場合、《トラップ幅》(ポイント) の値はそれぞれ以下のように異なる値を設定する必要があります。
    • TitanFX (商品名「JPN225」):1000
    • Axiory (商品名「NIKKEI」):100
    • 楽天証券 (商品名「JP225」):10000

ナスダックCFD @ Exness

海外ブローカー Exness における「ナスダック株価指数CFD」(商品名:USTEC / USTECm) のロングでの設定例です。
※1ポイント=0.01ドル

Canary
Canary

Exnessの仮想通貨・CFD銘柄はスワップフリーなので

長期投資になるリピート系と抜群の相性!

取引コストもメチャ低いです!



設定項目初期値設定値
トラップ数251301
トラップ先頭価格98.06000.00
トラップ幅 (ポイント)20010000
自動利確幅の最大倍率100300
最大維持ポジション数030
【GdTraderのパラメータ変更内容】
【GdTraderのパラメータ入力例】

【GdTraderの実行前確認ダイアログ表示内容】

ビットコイン @ Exness

海外ブローカーのExnessにおける ビットコイン (商品名:BTCUSD / BTCUSDm) のロング (買い) での設定例です。
※1ポイント=0.01ドル

  • ロット数: 0.01
  • 設定レンジ: $10,000 ~ $70,000
  • トラップ幅: $300
  • 利確幅:ATR連動(100%)、早期利確モードON →いずれもデフォルト設定
  • トラップ数: 201
  • ロスカット: $8,000


設定項目初期値設定値
トラップ数251201
トラップ先頭価格98.010000.00
トラップ幅 (ポイント)20030000
ロスカット価格08000.00
【GdTraderのパラメータ変更内容】
【GdTraderのパラメータ入力例】
【GdTraderの実行前確認ダイアログ表示内容】

注意事項:《疑似T/Pオフセット》について

仮想通貨・CFD銘柄においては注意しておかなければいけない内容が1つあります。

GdTraderの入力パラメータの1つである《疑似T/Pオフセット》は、通常は初期値の 500,000 のままで問題ありませんが、

価格が「500,000」を超える可能性がある商品の場合、
《疑似T/Pオフセット》の値を
「絶対に届かない金額」に増加させてから実行してください


※《疑似T/Pオフセット》を一旦設定してEAを実行した後は、この値を絶対に変更しないようにご注意ください。→ 途中変更すると、EAがポジションを見失います。

補足

GdTraderは成行注文に特化→指値注文を使わない設計にしておりますが、その代わりに各注文を識別するものが必要となったため、 (指値注文を使わないので空いている) 「決済指値」を識別子として流用しています。

  • 決済指値を「《疑似T/Pオフセット》(=現在値が絶対に届かない値) + 内部のオーダーインデックス」に設定して識別子として使用しています。

このような用途ですので、《疑似T/Pオフセット》は絶対に現在値が届かない位の高値に設定しておく必要があります。

スポンサーリンク

【まとめ】

GdTrader EAを 仮想通貨やCFD銘柄に対して実行する手順 をご紹介しました!

ご質問や不具合報告は、お手数ですが一番下のコメント欄にお願いします。



Canary
Canary

これで選択肢が増えましたね!
FX以外へも羽ばたいてみましょう!!

スポンサーリンク
\最大手GMOの安心VPS!! Ubuntuも選べます!!/
Canary FX

コメント

  1. 右京 より:

    NIKKEI225の設定について確認させてください。
    今現在、Axioryのデモ口座で動作を確認しており、25,000円~29,000円までトラップ幅を100円ごとに買いオーダーを41本、利益確定値を固定で200円の値動きで2000円という風に設定したいと考えております。

    楽天証券のCFDとは異なるようで、Axioryは最小単位が0.01ロットのためか、TrapStepPipsは【100】の数値で買い注文が想定どおりに約定されるようになりました。

    ところが、利益確定値を固定でするためにAutoTakeProfitPercentageを【0】にしてTakeProfitPipsPerOrderを【200】もしくは【20000】に設定しても思うとおりに利益確定注文が設定されず、PseudoTakeProfitPriceOffsetの数値が利益確定値として決済注文が出されて、2本目以降はそこから-1ずつ決済注文が設定されてしまいます。

    ・25,000円~29,000円までトラップ幅を100円
    ・PseudoTakeProfitPriceOffset…50000
    ・AutoTakeProfitPercentage…0
    ・TakeProfitPipsPerOrder…200

    1本目…ポジションは25000円、利益確定注文値…50000円
    2本目…ポジションは25100円、利益確定注文値…50001円
    3本目…ポジションは25200円、利益確定注文値…50002円

    というような感じです。
    どのようにすれば良いかアドバイスを頂戴できますと幸いです。
    よろしくお願いします。

    • Canary より:

      お返事が遅くなり大変申し訳ございません!
      #なぜかスパム判定されて通知が届かず、気付くのが今になってしまいました…

      さて、利益確定注文値(決済指値)に「PseudoTakeProfitPriceOffset」の数値が入力されるとのことですが、これは当EA GdTraderとして正しい挙動となります。

      GdTraderは注文を全て成行で行い、指値注文は行いません。また、決済指値はポジション番号の判別用に流用しており、指値注文として使われることはありません。

      こちら に記載がございますのでご一読いただければと思います。

      右京様の設定の1本目であれば、25000円で新規買い注文が行われた後に25200円まで上昇すれば成行で決済売り注文が行われるはずです。

      なお、昨日入力パラメータをpips→point化したv2.0をリリースしましたので、可能であればこちらへアップデート頂けますと幸いです。

      • Canary より:

        補足です。

        v2.0では、以下のようにご設定ください。
        ・TrapStepPoints: 100(=トラップ幅100円)
        ・TakeProfitPointsPerOrder: 200(=利確幅200円)
        ・PseudoTakeProfitPriceOffset: 500000 (デフォルト値のまま)

  2. ぱん より:

    初めまして。
    久しぶりにトラリピ系のEAを稼働してみようかと思いこちらのブログに辿り着きました。
    EAを稼働してみましたが「code=130:ERR_INVALID_STOPS」となってしまいます。

    取引所はbybitのデモ口座で小数点は2桁です。
    レンジ設定は表記のまま、利確はポイント指定で100ドルであれば、10000ポイント指定にしています。
    ストップロス、ロスカット共に0もしくは数値を設定しても状況は変わりませんでした。

    またバックテストでは「GdTrader_3.1: tester cannot calculate prices」のメッセージで初回ポジションエントリー時にエラーで止まってしまいました。

    ご確認宜しくお願いします。

    • Canary より:

      ご報告ありがとうございます!本現象は今まで見たことがありませんでした。
      確認いたしますので、恐れ入りますが少々お時間ください。

      • Canary より:

        お世話になります。

        ■EA稼働時のエラーについて
        修正版のEAを作成しましたので、こちら からダウンロードしてお試しいただけますでしょうか。

        問題なければ正式バージョンにも反映したいと思います。

        ※ByBitの商品は「ティックサイズが1ポイントではない」という特殊なものであることが分かり、これにGdTraderを対応しました。

        ■バックテストのエラーについて
        「エキスパート設定」→「テスト設定」→「初期証拠金」の通貨単位の箇所(デフォルトはUSD)を「UST」に変更してお試しください。

        本来はUSDやJPYでも実行できないとおかしいので、ByBitのMT4の問題と考えますが、ひとまずこれで回避できると思われます。

        よろしくお願いいたします。

        • ぱん より:

          ご対応有難うございます!
          バックテストの際の通貨の変更の件、ご指摘有難うございました。
          大変失礼しました、すっかり忘れてしまっていました。。(汗)

          修正頂いたバージョンでデモ口座で稼働してみます。
          結果は追ってご連絡いたします。

          • ぱん より:

            無事、デモ環境で確認取れましたので、購入させて頂きます。
            有難うございました!

          • Canary より:

            デモ口座でのご確認とライセンスのご購入、誠にありがとうございました!
            EAの修正につきましては、こちらでも動作確認後正式リリースに反映したいと思います。